fc2ブログ
2024/02/06

お宝発見講座の追加報告をさせて下さい!

前回の報告が遅くなったお詫びに追加の報告です、お付き合い下さい。まず初めは立体歩道橋から見えるビル、人参をモチーフにした建物はドゥーセットビルです。右上にフランス語のドゥー(2)【deux】セット(7)【sept】の文字が特徴。江戸時代から志木には2と7のつく日に市が開かれたことを記憶に止めたものとか。
1駅前のビル

志木市の歌を紹介すると「花と雲」がありました。芸術家関根伸夫が志木市歌からチョイスして駅前広場に表現。花は上向きの桜を、雲は夏のもくもく感を出す、絵日記に書いた形になった? 関根さん!花びらの数が多いですよ、八重桜ですか?何か意味がある?
2志木市歌
3モニュ花
4モニュ雲


□△○付きベンチは日本人の心は禅道に行き着くイメージ? 禅寺の大仙寺を思い出した? 案内人の説明は、角張った個性がだんだんとれて三角に、そして最後は丸くなることと言っていました。これも関根伸夫の作品、大理石ベンチは複数あります。

5黒いベンチ


次は傍島健さんの「間違え探しアート・The Legend of SHIKI」、2020年に出現。傍島さ〜ん、観光協会さ〜ん、すみません。マルイの大壁画と言わせて下さい。フォーシ―ズンズ志木ビルにあるのは知っていますから。左右の絵の違いを探せますかな。よーく見て、10個あります。

6間違え探し


次はチョーク絵(市内中学校美術部の作品)です。春の桜と夏のひまわり、秋はキノコかな?・・・春夏秋冬→フォーシーズン→四季=志木? 意図が読めたぞ。思いつきと狙いはいいが・・・。次の作品が楽しみだ。テーマは何かな?

7チョーク絵


次は案内人が話していた、敷島神社に奉納された干支の大絵馬(志木高校美術部の作品)です。辰年なのでドラゴンの親子です。背景の青色が印象的。伸びゆく姿をイメージしたのか、それとも直感的に選んだ色なのか、はたまた青龍ということか、色々考えることも芸術鑑賞だ!

8干支の大絵馬


最後は関根伸夫の「空相」の紹介です。世界的に有名な作品を「見て・考える」ことをお勧めします。ぜひ、志木市の指定文化財にしてほしいですね。今回は案内されなかったが、イルミネーションの夜景も見もので、心がホッコリする冬の風景も楽しんで欲しい。もう終了? 報告も終了。またね!

11モニュ空相
12夜景

コメント

非公開コメント